2018年11月07日

大陸から渡来した弥生人のルーツに貴重な手がかり





鳥取の青谷上寺地遺跡で、弥生時代後期の1から2世紀の人骨が大量に発見され、大陸から渡来してきた弥生人である可能性があることがわかったのだそうで、゙大陸から渡来した弥生人のルーツに貴重な手がかりになるのではないと注目されています。

しかもこの弥生人の人達が、渡来人の集団としてやって来て同じ地域に住み着いてと考えられるそうで、ミトコンドリアDNAを分析したところ、中国や朝鮮半島の人のDNAと似ているということです。

弥生時代後期となると、縄文時代から住み着いている縄文人とまじわっていたと考えられる時期ですが、この弥生人のグループにはそのような傾向が全く見られなかったそうです。

もしかしたら大陸だけの渡来人だけで閉鎖的な社会を築いていたのかもしれませが、今後は核DNAの調査などより詳しく調べられるようで、さらにいろいろと当時の状況が判明することを期待してばかりです。



Posted by yuhino at 06:45

削除
大陸から渡来した弥生人のルーツに貴重な手がかり